長田組ブログ

blog

長田組での仕事は鉄骨鳶と足場鳶

足場鳶とは?

一般的に足場鳶とは、建物を建設する際に必要な土台を組むのが仕事です。

どんな高いビルにも足場は必要で、足場鳶は「安全」に配慮して作業を行う重要な環境づくりをします。

足場鳶の仕事は「臨機応変さ」が特に重要です。

建物が完成すれば解体してしまい、形に残らないので「作業をしながら」先輩職人の仕事を目にし、そのセンスを磨いていきます。

これから建てる建築物の邪魔をすることなく、解体のしやすさや空間の取り方など、さまざまな要因を考慮して組み立てる必要があり、一長一短にはいきません。

そのため、先輩職人がどんな風に作業しているのか、観察してどんどん吸収していくことが重要です。

わからない部分は休憩の際や話す時間が取れたときにどんどん質問していきましょう。

わからないことをそのままにせず、些細なことでも先輩職人に聞いてみる。

長田組の人間関係はとても風通しが良く、普段の職人さんはとても優しく話をきいてくれる人ばかりです。

鉄骨鳶とは?

鉄骨鳶とは、建物を建てる際に必要な骨格(鉄骨)を組み立てるのが仕事です。

重い鉄骨を順に組み立て、溶接をして固定していきます。

鉄骨鳶は地表にいて鉄骨を運ぶ手伝いをする「下まわり」と、実際に鉄骨を組み合わせていく「取付け」のふたつがあります。

鳶職といえば、平気な顔をして高所で作業する姿がよく見られますが、下まわりも重い鉄骨を安全に引き上げるにはとても重要です。

うまく固定できずに資材が落下すると、多大な事故に繋がるため、決して楽な仕事ではありません。

責任感とやる気、体力が必要な仕事です。

鉄骨鳶は、エレベーターなど別工程の資材を吊り上げる作業もこなします。

鉄骨鳶とは、安全に配慮した作業関係の整備から幅広いニーズがある仕事です。

長田組での仕事は鉄骨鳶と足場鳶

長田組での仕事内容は、「鉄骨」と「足場」に関する作業です。

鉄骨鳶は重機を使用する作業も多く、溶接など安全に配慮しながら作業するスキルが必要になってきます。

そして足場鳶は「安全に作業するための基盤づくり」を確実にこなすことが求められる作業です。

どちらの作業にも各種資格試験があるのですが、試験に合格してスキルアップしていくことで、手に職が付き、身ひとつで稼げるようになります。

長田組では資格取得に向けたサポートを行っていますので、単純作業ばかりでなく難しい作業も任せていきます。

これから鳶職人を目指す方は、先輩職人のやりかたをしっかり見ながら作業してください。

お問合せ

求人情報ページに詳細を記載していますが、長田組では事業拡大につき、鳶職人として働いてくれる人材を大募集しています。

ご興味のある方は、電話、メールフォームより気軽にお問い合わせください。

たくさんのご応募お待ちしております。

求人について電話でのお問合せは、086-201-8777 長田まで