長田組ブログ

blog

鉄骨工事での「建て逃げ方式」と「水平積み上げ方式」とは?

みなさんは鉄骨工事には、通常2つの方式の建て方があることはご存知でしょうか?

それぞれ「建て逃げ方式」と「水平積み上げ方式」といいます。

この2つの建て方の方式は、鉄骨造のタイプと周辺環境によって採用されます。

では「建て逃げ方式」と「水平積み上げ方式」とは、それぞれ一体どんなものなのでしょうか?

今回は『鉄骨工事での「建て逃げ方式」と「水平積み上げ方式」とは?』についてわかりやすくご紹介します。

※ただし実際には、細かく分けると2つ以外にも様々な建て方があります。

建て方とは一体どんなものか?

みなさんは「建て方(たてかた)」とは、一体どんなものと思いますか?

鉄骨工事の建て方を一言でいうと「鉄骨材で、骨組みを組み立てること」をいいます。

この時に、実際に現場で建て方を担当するのが、鉄骨鳶(てっこつとび)です。

建て方の流れとは?

こちらでは、一般的な鉄骨工事での、建て方の流れをご紹介します。

クレーンで鉄骨材を吊り上げ、鉄骨鳶が鉄骨材をつなげ、ボルトで仮止めをします。

仮止め後、建物が土地に対して、垂直に立っているかを確認します。

垂直の調整が完了したら、ボルトを本締めします。

最後に、鉄骨同士を溶接工が溶接をして、建て方は完了します。

建て逃げ方式とは一体どんなものか?

みなさんは、建て逃げ方式 とはどんなものと思いますか?

鉄骨工事の建て逃げ方式 を一言でいうと

「鉄骨の建物を片側から建て方をして、横か後ろに逃げていく建て方」のことです。

〇建て逃げ方式の特徴とは?

建て逃げ方式の特徴は、各スパン(横単位)ごと、最上階まで建て方を行うことです。

到達後は、横や後ろに移動して、再度同じように建て方を繰り返します。

ところで、建て逃げ方式を行うには、クレーンが移動するだけの敷地が必要になります。

敷地が狭いと、建て逃げ方式は難しくなります。

建て逃げ方式が採用される建物は、クレーンが移動できる敷地がある、あまり高くない低中層ビルです。

建て逃げ方式に使われるクレーンとは?

建て逃げ方式には、次の移動式クレーンが使われます。

・クローラークレーン

・トラッククレーン

・油圧伸縮方式クレーン

・ラフタークレーン

・タワー式クローラークレーン

水平積み上げ方式とは一体どんなものか?

みなさんは、水平積み上げ方式 とはどんなものと思いますか?

鉄骨工事の水平積み上げ方式 を一言でいうと

「鉄骨の建物を、下から上へ順番に組み立てる建て方」のことです。

〇水平積み上げ方式の特徴とは?

水平積み上げ方式の特徴は、1節(セツ)の段を全て組み建てます。

完了後、2節、3節と上節に向かって建て方を繰り返します。

建て方は、常に上に向かって逃げるイメージです。

こちらは、建物の敷地だけでよく、クレーンが移動する敷地は必要ありません。

水平積み上げ方式が採用されるのは、タワーマンションなどの高層階ビルなどです。

ちなみに鉄骨の節(セツ)とは、鉄骨部材の単位のことです。

通常は2~3フロア分を1節と呼びます。

水平積み上げ方式に使われるクレーンとは?

水平積み上げ方式には、次のクレーンが使われます。

・タワークレーン