長田組ブログ

blog

I形鋼と鉄骨工事!I形鋼とは一体どんなものか?

I形鋼と鉄骨工事!I形鋼とは一体どんなものか?

みなさんは、鉄骨工事に関係する鋼材で「I形鋼(アイがたこう)」というものがあることはご存じでしょうか?

I形鋼は、鋼材の種類の中の1つです。

では、I形鋼とは一体どんなもので、鉄骨工事とはどんな関係があるのでしょうか。

今回は I形鋼と鉄骨工事 I形鋼とは一体どんなものか についてわかりやすくご紹介します。

I形鋼とは一体どんなものか?

みなさんは、I形鋼とは一体どんなものかご存じでしょうか?

鉄骨工事に関係するI形鋼を一言でいうと、

 「断面が、ローマ字のI形をした鋼材」のことになります。

I形鋼は別名「I型ジョイスト」「アイビーム」とも呼ばれています。

「ジョイスト」とは、英語で小梁(こばり)の意味になります。

ちなみに鋼材とは、鋼鉄を板・棒・管などに加工した基礎材料のことです。

鋼材は建築・建設・機械などの基礎材料になります。

I形鋼の3つの特徴

I形鋼には次の3つの特徴があります。

H形鋼との比較でご説明します。

①I形鋼の断面は、H形鋼に似ている。

➁I形鋼はH形鋼より重量が重く、板厚が厚く、剛性が高く、硬い鉄骨。

➂I形鋼はH形鋼より、フランジ(つば)・ウェブ(腹板)厚が大きく、断面係数が高い。

※フランジとは、接合のためのつば。ウェブとは、上板と下板をつなぐ補強板。

I形鋼の用途

I形鋼には主に次の5つの用途があります。

橋梁(きょうりょう)

I形鋼の用途の1つ目は「橋梁」に使われています。

橋梁とは、一般的には橋のことです。

橋梁の構造の中で「主桁(しゅげた)」にI形鋼が使われています。

鉄道橋Iビーム桁などに使われています。

建設・土木工事の仮設資材

I形鋼の用途の2つ目は「建設・土木工事の仮設資材」に使われています。

こちらは主にH形鋼を使わない現場で使われます。

建築

I形鋼の用途の3つ目は「建築」に使われています。

建築では主に柱、梁、基礎杭などに使われます

ホイスト式クレーンの走行用のレール

I形鋼の用途の4つ目は「ホイスト式クレーンの走行用のレール」に使われています。

ホイスト式クレーンとは、工場に設置してある、機械・部品・材料の運搬を主に行う天井設置型クレーンのことです。

ホイスト式クレーンの中で「テルハ」のランウェイ(横行レール)に、通常I形鋼が使用されています。

各種機械

I形鋼の用途の5つ目は「各種機械」に使われています。

各種機械とは、ベルトコンベヤ用のレールの部材などです。

I形鋼と鉄骨工事

I形鋼が鉄骨工事で使われるのは、橋梁、建築、建設・土木工事の仮設資材などです。

ただし、ほとんどの分野がH形鋼とかぶっており、一般的には量産品で、価格が安いH形鋼が採用されます。

I形鋼が優先して使用される現場は、H形鋼よりも強度が必要とされる現場などです。