長田組ブログ

blog

玉掛けと鉄骨工事?玉掛けとは一体どんなものか?

みなさんは、鉄骨工事に関係する専門技術で「玉掛け(たまがけ・たまかけ)」というものがあることはご存じでしょうか?

玉掛けは、鉄骨工事には欠かせない重要な作業です。

では、玉掛けとは一体どんなもので、鉄骨工事とはどんな関係があるのでしょうか。

今回は 玉掛けと鉄骨工事 玉掛けとは一体どんなものか についてわかりやすくご紹介します。

玉掛けとは一体どんなものか?

みなさんは、玉掛けとは一体どんなものかご存じでしょうか?

鉄骨工事に関係する玉掛けを一言でいうと、

 「クレーンのフックに鉄骨材をかけたり、はずしたりする作業」

のことです。

また、玉掛けの本来の目的は、

「宙吊り中に鉄骨材がフックから、はずれて落下しないように、注意して取りはずしをする」

ことです。

玉掛けは鉄骨工事のどのタイミングで行われるのか?

では、玉掛けは鉄骨工事では一体どのタイミングで行われるのでしょうか?

玉掛けが行われるのは「鉄骨の建て方」の時です。

鉄骨の建て方とは、鉄骨材で、骨組みを組み立てることをいいます。

鉄骨の建て方は、地面に基礎と呼ばれる建物の根元がある状態からスタートします。

この時、鉄骨材を使って建物の骨組みを組み立てます。

クレーン作業の時に「玉掛け」が必要になる

ところで通常、躯体(くたい)の鉄骨材は重量が重く、人の手では動かすことができません。

そのため、鉄骨材を持ち上げるために、クレーンが使われます。

ちなみに躯体とは、柱や梁などの建物の基本の構造体のことです。

クレーンを使って、重い鉄骨材を持ち上げ、指定の場所に取付け、建物の骨組みを組み立てます。

この時、

「鉄骨材をクレーンのフックにかけたり、はずしたりする」

時に、玉掛けが必要になります。

鉄骨建て方の玉掛けには2つのチームがある

鉄骨建て方の玉掛けの基本は、

「鉄骨材をクレーンのフックにかけたり、はずしたりする」

ことです。

ところで鉄骨の建て方は、組み上がるにつれ、作業場所が高くなります。

よって、玉掛けは2つのチームに分かれて作業を行うことになります。

その2つのチームとは「下回り(地走り)」と「取付け」です。

それぞれわかりやすくご説明します。

下回りとは?

下回りとは、地上に並べてある鉄骨材を、クレーンのフックにかける作業者のことをいいます。

ただし、本来の仕事は鉄骨材を順番通りに、間違いなく、取付け箇所に無事に送ることです。

またその他にも吊り方・吊った角度・鉄骨材の重量・旋回方向などあらゆる技術と知識が必要になります。

そのため下回りは、通常鉄骨の建て方に精通している熟練作業者・現場の最高責任者が担当します。

取付けとは?

取付けとは、地上から吊るされてきた鉄骨材を、既存の鉄骨に取付けて、フックをはずす作業者のことをいいます。

階高が高くなれば、吊るされた鉄骨材は風に煽られます。

また鉄骨材の品質が悪いと中々ポイントが合わないので、取付けに難行します。

よって取付けは、現場状況や鉄骨材の状況を一瞬で判断できるエキスパートが担当します。