長田組ブログ

blog

仮止めと鉄骨工事?仮止めとは一体どんなものか?

みなさんは、鉄骨工事に関係する作業で「仮止め(かりどめ)」というものがあることはご存じでしょうか?

仮止めは、鉄骨工事の建て方の時に行われる作業の1つです。

では、仮止めとは一体どんなもので、鉄骨工事とはどんな関係があるのでしょうか。

今回は 仮止めと鉄骨工事 仮止めとは一体どんなものか についてわかりやすくご紹介します。

仮止めとは一体どんなものか?

みなさんは、仮止めとは一体どんなものかご存じでしょうか?

鉄骨工事に関係する仮止めを一言でいうと、

 「鉄骨の建て方の時に、鉄骨材を仮に止める作業」のことをいいます。

仮止めの時に使われるボルトのことを「仮ボルト」といいます。

また、仮止めとは「仮締め(かりじめ)」ともいわれています。

鉄骨工事の建て方では、2種類のボルトが使われる

鉄骨工事の建て方では、一般的に2種類のボルトが使われます。

「仮ボルト」と「本締めボルト」です。

それぞれご紹介します。

仮ボルト

仮ボルトとは、鉄骨工事の建て方と同時に使われるボルトのことです。

ただし、歪み直し(ひずみなおし)が完了後に、本締めボルトに入れ替えられます。

歪み直しとは、建物を垂直に建てることです。

本締めボルト

本締めボルトとは、歪み直し完了後に、鉄骨材の最終止めに使われるボルトのことです。

本締めボルトには、通常「高力ボルト」が使用されます。

鉄骨工事で、仮止めをする理由とは?

鉄骨工事の建て方では、通常「仮止め」と「本締め」の2回のボルト締めが行われます。

仮止めと本締めでは、それそれ「別のボルト」が使われます。

では、なぜ仮止めと本締めを2回する必要があるのでしょうか。

その理由は、建て方が一通り完了したら、

「建物のゆがみ・ひずみの修正」

をする必要があるからです。

鉄骨工事の建て方が完了した時点では建物がゆがんでいる

実は鉄骨工事の建て方が完了した時点では、建物は垂直に建っていないことがほとんどです。

結果、外観がゆがんでいたり、部屋うちがデコボコになっていたりすることがあります。

そのため建物の「直角」や「垂直」を計測して、正確に整える必要があります。

ゆがみを直すとボルトが傷んでしまう

建物のゆがみの修正をする時には、柱にレバーブロックをつなげて、垂直になるように修正します。

レバーブロックとは「荷締め機」のことです。

鉄骨工事では一般的にレバーブロックを使って、建物のゆがみを修正します。

レバーブロックで締め付けると、鉄骨材をつなぐボルトに強烈な力が伝わります。

結果、摩擦・せん断応力・ねじり応力が発生し、ボルトが傷んでしまうことがあります。

一度傷んだボルトで、本締めをしてしまうと建物の強度が下がります。

よって、ゆがみを直す時に使用された仮止め用のボルトは、廃棄処分されます。

結果、本締め用には、高力ボルトが使われます。