長田組ブログ

blog

ブラケットと鉄骨工事?ブラケットとは一体どんなものか?

あなたは鉄骨部材の一部分の名称で「ブラケット」というものがあることはご存じでしょうか?

ブラケットは、工法次第でついていたり、ついてなかったりします。

では、ブラケットとは一体どんなもので、鉄骨工事とはどんな関係があるのでしょうか。

今回は ブラケットと鉄骨工事 ブラケットとは一体どんなものか についてわかりやすくご紹介します。

ブラケットとは一体どんなものか?

あなたはブラケットとは一体どんなものかご存じでしょうか?

鉄骨工事に関係するブラケットを一言でいうと、

 「柱・梁などから真横に突き出した受け材」のことです。

例をあげると鉄骨造で2本の柱をつなぐ時、柱に何も受け材がないと、梁を載せることができません。

この時、柱に梁を載せるために取り付ける受け材のことを「ブラケット」といいます。

ブラケットがある箇所とは?

あなたはブラケットは鉄骨材の一体どの箇所にあると思いますか?

ブラケットがあるのは、主に次の2つの箇所に集中しています。

鉄骨材の仕口などの交差部分と壁などから水平に跳ね出した部分です。

それぞれご紹介します。

鉄骨材の仕口などの交差部分

ブラケットが最も多いのが「鉄骨材の柱と梁の仕口の交差部分」です。

柱から2方向・3方向・4方向にそれぞれ取り付けられています。

壁などから水平に跳ね出した部分

次に多いのが「壁などから水平に跳ね出した部分」です。

こちらは主に鉄骨造の入り口・開口部などに多く存在します。

ブラケットはどんな状態なのか?

一般的にブラケットは後付けがほとんどです。

そのため、鉄骨工場で柱・梁に取り付けられます。

その場合、片方は柱・梁などに溶接され固定されます。

もう片方は固定されず、そのまま宙に浮いたような形状になります。

戸建て住宅であれば「庇(ひさし)」のようなイメージです。

ブラケットは、建築用語で「持送り」「持ち出し」「腕木」と呼ばれています。

通常、鉄骨材のブラケットの継手先は、柱芯から1.0mの箇所にきます。

ブラケット工法とノンブラケット工法!

鉄骨造で、ブラケットが関係する工法は大きく分けると2つあります。

ブラケット工法とノンブラケット工法です。

それぞれご紹介します。

ブラケット工法とは?

ブラケット工法とは、あらかじめブラケットを工場で溶接する工法のことです。

別名、従来工法とも呼ばれます。

工場でブラケットを溶接するので、メリットが製造コストを削減できることです。

デメリットが現場までの運送効率が悪いことです。

ノンブラケット工法とは?

ノンブラケット工法とは、現場で柱と梁を溶接する工法のことです。

こちらはブラケットなしであることから、輸送を効率的にできるメリットがあります。

逆に、溶接に高度な技術が必要なため、取り付けコストは高くなります。