長田組ブログ

blog

ランヤードと鉄骨工事!ランヤードとは一体どんなものか?

あなたは鉄骨工事の時に使う「ランヤード」というものをご存じでしょうか?

ランヤードは鉄骨工事をするために、絶対に必要なものです。

では、ランヤードとは一体どんなもので、鉄骨工事とはどんな関係があるのでしょうか。

今回は ランヤードと鉄骨工事 ランヤードとは一体どんなものかについてわかりやすくご紹介します。

ランヤードとは一体どんなものか?

あなたはランヤードとは一体どんなものかご存じでしょうか?

鉄骨工事に関係するランヤードを一言でいうと

 「フルハーネス(安全帯)に取り付ける命綱」のことです。

実際に鉄骨工事の現場では、ランヤードがないとフルハーネス自体が使い物になりません。

ランヤードの構造と機能

こちらでは一般的なランヤードの構造と機能についてご説明します。

一般的にランヤードは①~④のパーツで構成されています。

①フルハーネス側フック

フルハーネス側フックとはランヤードをフルハーネス側につなげるフック式金具のことです。

➁ストラップ巻取器

ストラップ巻取器とはテープ型のロープを自動巻き尺のように巻き取る装置のことです。

➂ショックアブソーバー

ショックアブソーバーとは作業者が落下した時に落下の衝撃を緩和させる部材のことです。

ショックアブソーバーとは、この「折り畳まれたベルト部分」のことをいいます。

その部分が割けることで、破壊のエネルギーで落下の威力を低減する仕組みです。

④フック

フックとはランヤードを何かにつなげるための金属製のパーツのことです。

一般的に手錠のようにワンタッチで「カチッ!」と留めることができます。

フックをつなげる対象は親綱・足場材などです。

ランヤードの3つのタイプ

現在ランヤードには3つのタイプがあります。

それぞれご紹介します。

①ショックアブソーバー式ランヤード

ショックアブソーバー式ランヤードとはランヤードにショックアブソーバー機能がついたものです。

ショックアブソーバー式ランヤードの構成

「フック + 伸縮ストラップ(蛇腹) + 折り畳まれたベルト部分 + フルハーネス側フック」

➁巻取式ランヤード

巻取式ランヤードとはランヤードにストラップ巻取機能がついたものです。

引っ張りをやめると、スケール(自動巻き尺)のように、自動で巻取ボックスにストラップが収納される仕組みです。

巻取式ランヤードの構成

「フック + ストラップ(テープ型ロープ) + 巻取ボックス +フルハーネス側フック」

➂ロープ式ランヤード

ロープ式ランヤードとは、フックとフルハーネス側フックの間が、ロープのみのランヤードのことです。

ショックアブソーバー・巻取ボックスなどはありません。

ロープの種類は三ツ打ロープ、八ツ打(クロス)ロープがあります。

ロープ式ランヤードの構成

「フック + ロープ + フルハーネス側フック」