長田組ブログ

blog

鉄骨工事で使うワイヤロープ!ロック加工とは?

ワイヤロープの端末加工には、ロック加工があることはご存じでしょうか?

鉄骨工事に、はずせないのがワイヤロープです。

ワイヤロープがあることで建て方、荷物の移動、現場の片付けを簡単にすることができます。

ところでワイヤロープには、端末加工が施されています。

ワイヤロープの端末加工で多いのが「ロック加工」です。

では、ロック加工とは一体どんな端末加工なのでしょうか。

今回は 鉄骨工事で使うワイヤロープ・ロック加工とは についてわかりやすくご紹介します。

ワイヤロープの端末加工とは何か?

ワイヤロープの端末加工とは一体何でしょうか?

ワイヤロープの端末加工とは、ワイヤロープの先端の納まりを加工することです。

一般的には次の2種類の端末加工がメインで行われています。

❶アイスプライス(編み込み)加工

❷ロック(圧縮止め)加工

今回は、ロック加工について詳しくご紹介します。

ロック加工とは何か?

ロック加工とは一体何でしょうか?

ロック加工とは、ワイヤロープをプレスで圧縮して締結する加工方法のことです。

ロック加工の方法は次の通りです。

❶ワイヤロープの先端をループ状にして「アイ(わっか)」を作る

❷ループの先端と、同位置にあるワイヤロープを同時にパイプ状の「スリーブ」に入れる

❸プレスで圧縮して締結する

以上で、ロック加工はできます。

わかりやすく、ロック加工に使われている用語を下記の表にまとめてみました。

〇ロック加工の用語の意味

ロック圧縮止めのこと。別名「かしめ」ともいう。
アイ(Eye)ロープの先端を折り返して「わっか(〇)」にしたもの。別名「蛇口」「玉子(たまこ)」ともいう。
スリーブ金属製の短いパイプのこと。
シンブル「アイ」の内側に入り「アイ」を補強する補強材のこと。

ロック加工のメリットとは?

ロック加工には一体どんなメリットがあるのでしょうか?

ロック加工には次の3つのメリットがあります。

❶短時間で加工することができ、加工効率が高い

❷スリーブがワイヤロープに食い込み締結が強い

❸価格を安くできる

ロック加工のデメリットとは?

ロック加工には一体どんなデメリットがあるのでしょうか?

ロック加工には次の2つのデメリットがあります。

❶ワイヤロープを引き抜く時、スリーブが引っかかることがある

❷横からのさける力に弱い

スリーブの処理方法とは?

ロック加工にはスリーブの処理方法が2つあります。

それぞれご紹介します。

❶普通ロック加工

普通ロック加工とは、スリーブからワイヤロープの先端がわずかに出ている加工のことです。

❷ひげなしロック加工

ひげなしロック加工とは、スリーブからワイヤロープの先端が一切出ていない加工のことです。